Prison Breakやっと見終わった

AmazonプライムでPrison Breakをダラダラと見てたのがやっと見終わったー

シーズン3あたりからは結構ダレたけど何とか最後まで見れました。

シーズン1はとにかく「どうやって脱獄するか」までが描かれていて、天才マイケルの逃走計画や度々発生するトラブルに毎回楽しめたけど、シーズン2の中盤位から「またこのパターンかw」っていうお決まりな展開が続いたりとダラダラ気味でしたね。

見てて思ったのが、セオドア・バッグウェルこと「ティーバッグ」が、GTAVの主人公の1人トレバー・フィリップスとキャラが重なったこと。まぁティーバッグを見てしまうとトレバーが可愛く見えるくらいえげつない悪役だけど。

演じたのは「ロバート・ネッパー」という見覚えはあるけど名前までは覚えていない、自分の中じゃ「デブグルの隊長」の人ってくらいで、調べてみるとトランスポーター3とかヒットマンで「あーそういえば出てたな」ってな感じの人でした。

そしてもう一人、アレックス(アレクサンダー)・マホーンを演じた「ウィリアム・フィクナー」ですね。彼はいろんな映画で見かけてるし、映画「ブラックホークダウン」のデルタ隊員として出演してたのでよく覚えてる。

まぁ、このオッサン二人が主人公達よりもいい演技というか、何かと惹きつけられる魅力があって、シーズン3以降はこのアレックスとティーバッグの二人ばっかり注目して見てましたわ。

尺伸ばしの影響か、物語が進むにつれて当初の面白さは薄れていったけど、「この物語の終着点」がどこなのかは気になるので最後までみたっけあの終わり方。

うーんw

ファイナルブレイクもみたけど、2話分で脱獄の計画から実行を詰め込むのはあまりにもひどかった。シーズン1であれだけの脱獄を実行しただけに雑すぎる内容だった。

ある意味「ファイナルブレイク」した作品でした。おしまい

おまけ(2016.02.10)

シーズン4で舞台がロサンゼルスへと変わった時にちらっとだけ写った「サンタモニカピア」とGTAVの「デルペロピア」

20160210_prison_break_0120160210_prison_break_02

20160210_prison_break_0320160210_prison_break_04

20160210_prison_break_0520160210_prison_break_06

20160210_prison_break_0720160210_prison_break_08

ちなみにPrison Breakを見終わってからはThe Walking Deadを見てるけど、プリズン・サラのサラさんが主人公の妻・ローリとして出演してて、その役柄的に複雑な気分になったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。